NPO法人会計書籍のおすすめ

0797-26-6535 お問合わせはお気軽に

取扱書籍

NPO会計のwebセミナー「入門編」無料公開中!

「基本編」お試し視聴はこちらから!

セミナー中で使用しているテキストは下記からご確認ください。

「決算・法人税編」お試し視聴はこちらから!

取扱書籍

NPO会計支援センターは、下記の書籍を取り扱っております。

当センターwebshop「書籍のご注文はこちらから」からご購入いただけます。

もし、webshopでの操作に不慣れな場合や注文がうまくできないなどがございましたら、

お気軽に「お問い合わせ」からご連絡ください。



   NPO法人会計力検定テキスト

発行:NPO会計支援センター

NPO法人会計力検定公式テキストです。当テキストは3種類あります。

NPO法人会計力検定についてはこちら!

「入門編」NPO法人で会計に関わる際に、最初に知っておくべき事柄をまとめています。

「基本編」NPO法人の会計の現場で、ほとんどの人が悩む事例を取り上げています。

「実践編(全6冊セット)」NPO法人で会計を行うとき、「なにが正しいか」について

 知ったうえで、自法人に必要な会計処理ができるように事例を用いて説明しています。

 

       

〔入門編〕

2020年11月大幅リニューアル!

「日々の現金管理の取扱い」項目を中心に内容を充実し、パワーアップしました。
※既刊をお持ちの方も、検定試験の範囲に影響はございませんので、そのままお使いいただけます。

*入門編 定価:1,650円(税込・送料別)

NPO法人で事務局や実務に携わる人のためのテキストです。

会計担当者でなくてもNPO法人に関わる際の導入書として

役立てていただけます。

目次例

「NPO法人について」「NPO法人の会計」

「NPO法人に必要な簿記の知識」「日々の業務」など

point 

 NPO法やNPO会計における、最低限の知識を得られます。

 また現金管理や現金出納帳の正しい書き方や、領収証が

 無いときの処理方法など、事業規模が大きくても小さくても、

 必ず悩む日常の事柄について知ることができます。

 

入門編テキストを使ったwebセミナー

無料でご視聴いただけます。

まずはここから、キホンのキから学びましょう。

全6回

①NPO法人について

②NPO法人の会計

③日々の業務

④・⑤NPO法人に必要な簿記の知識

⑥NPO法人に関わる税金

ご視聴はこちらから

「webセミナー入門編」

  

 

〔基本編〕

*基本編 定価:2,200円(税込・送料別)

給料の支払は無くても、イベントや講座などの活動があり

お金が動き出すと「これはどうしたらいいの?」と悩むことが

たくさん出てきます。お金を扱う実務をしている人にとって

困った時のマニュアルとして役立てていただけます。

目次例

「NPO法人に必要な簿記の知識」「人に関わる業務」
「NPO法人によくある取引」「NPO法人会計基準」
「NPO法人に関わる税金」など

point
簿記の基本的な用語についての丁寧な解説

講師謝金を払ったときの処理方法、ボランティアさんに支払

をしたときどうしたらいいの?、スタッフが支払いを立替

したときは?など、現場で気になる事例に役立ちます。

    

  

基本編テキストを使ったwebセミナー

NPO法人で会計実務に携わる方が「困ったときのマニュアル」として役立てていただけます。

給料の支払は無くても、イベントや講座などの活動でお金が動くなど、現場でよくある事例を交えて、実務に直接役立つように解説しています。

全20回

①NPO法人について

②・③日々の業務

④~⑧NPO法人に必要な簿記の知識

⑨・⑩人に関わる業務

⑪謝金を支払った時の処理

⑫仮払金の処理

⑬スタッフが立替払いをした時

⑭現金過不足があるとき

⑮NPO法人会計基準の目的と基本的考え方

⑯「活動計算書の構造

⑰貸借対照表の構造、財産目録

⑱財務諸表の注記について

⑲NPO法人に関わる税金

⑳NPO法人の会計

⑱財務諸表の注記について

お申込みはこちらから

「webセミナー基本編 全20回」

 

〔実践編〕全6冊セット

原則6冊セット販売 6,600円(税込・送料別)

2019年の初版発売時には、上・下、の2冊セットでしたが、主に持ち運びの利便性のために、6冊に分冊いたしました。内容には変更ありませんので、新たに買い替えていただく必要はありません。

6冊の中に、次の3つのレベルが含まれています。

○ベーシック:会計をする上で最低限必要な知識

○アドバンス:決算処理など、少し応用編として実務に役立つ知識

○レファレンス:日常業務のマニュアルとして活用していただける知識

point

継続的な活動をしている法人で、毎月、日々、会計実務処理が求められる現場での悩む事柄、いまさら聞けない事柄などについて、できるだけ多くの現場事例を詰め込みました。実務で困った時に役立つテキストとしてご活用いただけます。

各巻取扱内容

1. NPO法人の会計---勘定科目と表示科目

2. NPO法人会計基準---財務諸表の注記

3. 管理台帳と財務諸表---管理台帳及び財務諸表等のサンプル

●例えばこんな時に…
・勘定科目の考え方で悩んだとき
・「財務諸表の注記」の作成方法について知りたいとき
・寄付を受けたときの処理で悩んだとき

1. 仕訳と勘定科目---複合仕訳・発生主義と決算整理事項

2. 月次・決算手順、ファイリング、チェックリスト

●例えばこんな時に…
・複合仕訳・振替仕訳などがよくわからなくて困っているとき
・決算時に、年度をまたぐお金の処理に悩んだとき
・決算のときの手順を知りたいとき
・ファイリングに関して悩んだとき
・処理漏れなどがないか、チェックして確認したいとき

1. 商品売買---売上原価・棚卸資産の処理

2. 固定資産---消耗品費と固定資産

●例えばこんな時に…
・商品を仕入て販売したとき
・消耗品費と固定資産の違いを知りたいとき

・減価償却についてわからないとき
・車を購入したとき
・内装工事をしたとき

・敷金などを払ったとき

1. 給与に係る処理---給与に関連する会計処理知識

2. 年末調整と法定調書---年末調整作業の流れと法定調書

●例えばこんな時に…
・給料を支払った時の処理がよくわからないとき
・社会保険料の会計処理について、よくわからないとき

・給与や社会保険料の処理間違いで、混乱したとき
・労働保険料の処理を知りたいとき
・年末調整が何か、よくわからないとき

1. NPO法人の管理と運営---総会や役員変更などに関する事柄

2. 予算と資金繰り---予算の作成・資金繰り

3. 登記と認定NPO法人---役員変更・定款変更の登記

●例えばこんな時に…
・理事会、総会に関して招集や議事録などで悩んだとき
・役員変更、定款変更などの登記で悩んだとき
・予算書を作成するとき

・資金繰り表を作成するとき

1. 税務---法人税・消費税

2. 共通費用の按分---按分の考え方と手順

●例えばこんな時に…
・法人税が課税されるかどうか、悩んだとき

・どんな時に消費税を納めないといけないか知りたいとき
・経費の按分についての考え方を知りたいとき

書籍のご注文はこちらから

実践テキストを使ったwebセミナー

「決算・法人税編」

NPO法人の決算について学びたい方!必見!

決算とは、どういうことを言うのか、なにから始めればいいのか、知っておくべきこと、やらなければならないことや、年度をまたがるときの処理について知りたいなど、一つずつ丁寧に解説していきます。

全13回

①決算は何のため?

②発生主義を知ろう

③年度をまたぐ支払いがあるとき

④収益の入金が次年度になるとき

⑤保険料などを1年分まとめて払ったとき

⑥次年度以降の会費を先に受け取ったとき

⑦商品などを販売したとき

⑧決算中に間違いに気が付いたとき

⑨共通費用の按分について

⑩決算全体を再確認

⑪~⑬法人税

お申込みはこちらから

実践編「決算・法人税」全12回

「NPO法人会計基準・消費税・償却資産税編」

NPO法人会計基準のうち、特に「注記」について学びたい方!

・注記をつくるように言われたけれど、どうにもよくわからない
・注記の項目の意味がわからない
・自分の注記がこれでよいのか、、不安
・「消費税」って、どうにもわからない
・「償却資産税」って何?

全15回

①財務諸表の全体像について

②クレジット決済で会費や寄付金を受けた時

③車、切手、衣料品など現物寄付を受けた時

④~⑪注記の解説

⑫~⑭消費税

⑮償却資産税

お申込みはこちらから

実践編「NPO法人会計基準・消費税・償却資産税編」全15回

「給与にかかる会計処理編」

給与にかかる正しい処理を知りたい方!

・給与にまつわるさまざまな会計処理が苦手!
・給与支払い時の処理に自信がない!
・社会保険料の処理って、よくわからない~
・労働保険を払った時はどうしたらいいの?
・源泉税の処理が、どうもよくわからない~
そんな方にぜひ!

全10回

①人件費に関連する勘定科目

②給与から控除する項目の勘定科目

③給与支払い時の仕訳

④源泉所得税と個人住民税

⑤会計処理に必要な社会保険料の仕組み

⑥社会保険料を支払ったときの処理

⑦給与の未払いの処理

⑧社会保険料の未払いの処理

⑨社会保険料の預かりと納付額の確認

⑩労働保険料を払ったときの処理

お申込みはこちらから

実践編「給与にかかる会計処理編」全10回

「固定資産編」

無料でご視聴いただけます。

全5回

①固定資産とは

②内装工事をしたとき

③助成金で車を購入したとき

④減価償却の計算

⑤中古資産を取得したときの会計処理

ご視聴はこちらから

実践編「固定資産編」

   新版 NPO法人実務ハンドブック (税理士/公認会計士必携)

すぐに役立つ会計・税務の事例詳解

1冊 3,300円(税込・送料別) 

編著:認定特定非営利活動法人NPO会計税務専門家ネットワーク

発行:(株)清文社

会計・税務の基本的な考え方から、よくある事例、判断に迷うケースまでNPO法人の会計税務に携わる実務家に必要な知識を、Q&Aを交えてもれなく徹底解説!
2014年に発行された「初版 NPO法人実務ハンドブック」の改訂版
NPO法人会計基準の改正等の最新情報を盛り込むとともに「福祉サービス事業の税務と会計」「寄付金の会計と遺贈寄付の税務」の章を新設

書籍のご注文はこちらから

   NPO法人の理事・監事のための業務チェックリスト

1冊:500 円(税込・送料別

発行:認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク

NPO法人の「理事と監事の職務・責任」について記載しています。監事は、理事の「業務執行の状況」「財産の状況」を監査する役割を担います。したがって、理事としての職務や責任を果たし、法令違反していないかどうかについて、自己チェックを行います。そしてその自己チェックが妥当であるかどうか、について監事が監査することになります。
内容は「業務全般」「会議」「職員」「会計」「財務諸表」など、分野別にチェック項目をならべています。NPO法人の理事、監事には必携のチェックリストです!

書籍のご注文はこちらから

   NPO会計日誌

1冊:500 円(税込・送料別

発行:NPO支援東京会議

1日1ページ、日誌形式の現金出納帳です。団体のお金が出入りした日に記載し、その日の現金残高を合わせるようになっています。レシートの日付で現金出納帳を書くことは間違っています。正しく記録し、記録した人の承認印、確認者の印を押し、最後にお金を数えた証拠として「金種別表」を作成できます。また記載するページのとなりに、対応する領収証を張り付けるようになっており、領収証の整理が容易です。
この現金出納帳はノート形式になっており、内容を差し替えたり、ページを抜き差しできないようになっています。これは、この現金出納帳の信頼性を証明する最大のポイントです。正しく現金出納帳を記帳すること、現金管理が正当に行われている証明ができること、そして第3者が見てもわかりやすいことが、NPO法人の信頼性に繋がります。
参照:

会計日誌の書き方 №1

http://news.npokaikei.com/?eid=1227166

会計日誌の書き方 №2(収入の部)

 http://news.npokaikei.com/?eid=1227738

会計日誌の書き方 №3(支払の部・最後の締め)

http://news.npokaikei.com/?eid=1227756

   書籍のご注文はこちらから

PAGE TOP