会計ソフトセキュリティー管理について

0797-26-6535 お問い合わせはお気軽に

会計ソフトについて

NPO法人会計ソフト 導入条件

  • 1.インターネットが自由に利用できるブロードバンド環境であること(ADSL回線・ケーブルテレビ・光通信など)
  • 2.パソコンがWindowsであること
  • 3.パソコンのブラウザがInternet Explore(IE)バージョン6.0以上であること
  • 4.モニター画面の解像度 XGA(1024×768) が望ましい
  • 5.マイクロソフトオフィスがパソコンに入っていてエクセルが使える環境であること

NPO法人会計ソフト 「ee-会計」のセキュリティ管理について

(有)デンサン 代表取締役 福井幸洋

1.ee-会計サーバーに対するインターネットからの不正なアクセス

光回線とee-会計サーバーの間にはルーターがありますが、ルーターにはファイアウォールを導入しています。

2.ee-会計サーバーのオペレーティングシステムの最新化

オペレーティングシステムの弱点を突かれないよう定期的に最新化しています。

ee-会計のデータ等の保全について

1.ハードディスクはミラーリングを導入しています。

(注)2台のハードディスクに同時に書き込む。1台が故障しても他の1台で運転できる。

2.ハードディスク全体のバックアップ

A)毎朝ハードディスクの内容(ee-会計のプログラムとデータを含む)を外部ディスクにコピーしています。
B)ee-会計データベースは、深夜に自動バックアップを行っています。

3.サーバー障害に備え予備のサーバーを1台待機させています。

地震対策について

1.「A」でコピーされた外部ディスクは、社内の金庫に保管され週1回のサイクルで銀行の貸し金庫に保管されます。

2.「B」のバックアップファイルは、翌朝、横浜事務所に転送しています。

3.「B」のバックアップファイルは、@niftyのバックアップサービスにより外部に保管されています。

PAGE TOP